ひめとSUSIEのはっぴーらいふ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しかった事と残念だった事

最近、職場の同僚から聞いたワンコの話
ちょっと長いストーリーになります

彼女のご主人は大の動物好き
昔は「ひめ」という名前のワンコを飼っていたこともある(*^_^*)

そのご主人が仕事中に慌てた様子で彼女に電話をしてきた
飼っていたそのワンコに似ている犬が動物保護センターにいて
明日殺処分予定になっているという

ご主人は何とか助けたいから自分の家で飼ってもいいか聞いてきたらしい
彼女はちょっと悩んだけど、同居しているご主人の両親に相談したところ、
お義母さんが面倒を見られるか自信がないからと言われて困ってしまった
その上、夫婦共働きだし、小学生の子供もみてもらっているので無理は言えない立場なのです


        昼寝①


だけど、彼女の息子くんがワンコが殺されてしまうことをひどく悲しんで
散々考えた結果、近くに住む親戚に飼ってもらうことになったと
嬉しそうに話してくれた

奇跡的なタイミングで大切な命が救われたことに心から感動して
彼女と一緒にすごく喜んだのです♪
もちろん、ご主人も息子くんも大喜びしたそうです

そのワンコが新しい飼い主さんに迎えられるのは
感染症などのチェックを受けてから2週間後になるらしい


        昼寝②


すごく楽しみだね~とランチで話してから10日ほど過ぎての話

あんなに喜んでいた彼女から驚くような話を聞いた

そろそろワンコを迎えに行く日が近くなってきたのに
動物保護センターから何も連絡がないのが気になって
ご主人がセンターへ連絡をすると、引き取る予定の犬と
違う犬の話をされたらしい

彼女達が引き取るはずのワンコは他の方に決まっていたので
別の犬を紹介されて引き取るよう言われたって!

電話では話が通じないので、センターに行って確認すると
彼女達が希望した犬とは全く別の犬で、担当者に事情を訊ねると
ある動物ボランティアからの強い希望で、彼女達の犬を譲ることに
なっていると説明された上に、この犬よりも紹介された別の犬の方を
強く勧められたらしい

彼女もご主人もこれには納得がいかなかったので
最初に電話で受け付けた担当者と話をさせて欲しいと言うと
それには応じてもらえず、渋々ながら最初に希望したワンコを
譲ることを承諾したらしい


そして、もう1匹のワンコはボランティアの方へ引き取られることに。。。


         昼寝③


消えかけていた2つの尊い命が救われたのに
何とも後味が悪いのは何故だろう

ここに全てを書くことはできないけど
おそらく保護センターとボランティアの方との間で
命の選別がされたような印象を受けたからかもしれない
ボランティアの方は何故彼女達の犬に固執したのか。。。

彼女とご主人に対して遠まわしに批判的な発言がされたことを聞いたし、
私も実際にあるブログを通じてその一部始終を目の当たりにした

私の身近にも動物保護センターやボランティアの方を通じて
救われた多くの命が存在している
そうして救われて新しい飼い主さん達と幸せに生きている姿を見るたびに
どれだけ心の底から喜んだことか

その存在意義や役割への感謝は確かにあるけど、
何かが心の隅に引っかかっている。。。


         昼寝④


結局、いつも人間のエゴに翻弄されるのは小さくて弱い存在
でも、その小さな存在に私達人間は、どれだけ日々癒され救われているかを
決して忘れぬよう大切にしなくちゃいけないね


そして、“ラッキー”と命名されたあのワンコは、
新しい飼い主さんに無事迎えられて元気に暮らしているそうです(^^♪

とてもお行儀の良い子で、ご飯もたくさん食べるし
みんなにすごく可愛がられているんだって\(^o^)/

ラッキーくん、今度は新しい飼い主さんと本当にハッピーになってね!


※誤解のないように書かせてもらいますが、
この記事は、動物保護センターやボランティアさんを非難するものではありません。
これからも多くの尊い命を救うための努力と協力を心から望んでいます!


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

VanのSonさんへ

やっぱりビックリしますよね~!
彼女の親戚の方が希望した犬は、ボランティアさんにとっても魅力的だったみたいです。
色々もめたけど、ラッキー君が幸せであることが本当に一番の救いでしたね♪

カギコメさんへ

コメント、どうもありがとうございます!
後ほどブログにお邪魔してお返事させていただきますね。

DAIKICHIさんへ

そうですよね、結局は捨てられるペット達を作り出す身勝手な人間が一番悪いんですよね。
でも、今回の出来事には正直驚き、理解に苦しんでしまいました。
複雑ですが、明らかに取引があったと思うんですよね。。。
ラッキー君の名前は、捨てられて引き取られるまで色々あったけど、
最終的に優しい飼い主さんに出会えたというラッキーなワンコだったので、
そう命名されたそうです♪

No Title

えぇ~!!そんな事があるんですね・・・。
でもとにかくラッキーくんが幸せに暮らしている事が何よりですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No Title

う~ん、裏で何かがあったのでしょうか?
どうにも後味悪いですね。
結果的に、ワンコは助かったんですけども・・・
でも、ラッキーと名づけられて元気に育ってよかったですね。
私モボランティアや預かりをされてるかたをみるとブログなどで
見たりするとすごいな~と思います。
でも、この状況を作り出したのは、飼っては捨てる人間ですもんね
悲しい限りです。
あっ、話が脱線しましたが、とにかくラッキーくんが幸せで何よりです

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
プロフィール

susie(スージー)

Author:susie(スージー)
東京生まれ、東京育ちのアラフォー世代

2008年7月、スローライフと癒しを求めて大好きな海の近くで田舎暮らしを始めました!

そして、2009年6月に大好きな柴犬(ひめ)を家族に迎えてハッピーライフを送っています

2012年4月に資格取得のため専門学校への入学を突然決意、1年間の学生&バイト&主婦業の忙しい日々に追われながら、ようやく9月に資格試験も終わり、2013年12月から登録販売者として、近所の薬店で仕事を始めました!

☆ひめ☆
柴犬(赤)の女の子
2009.4.22 千葉生まれ
千葉県富里市の大島犬舎出身
人懐っこくて、ちょっと八方美人
そして、とっても甘えん坊
水と子供が大の苦手

日課はお気に入りのお庭の番
ボール遊びとおやつが大好き♥

ひめはいくつ?

ひめとSUSIEのはっぴーらいふ

FC2Blog Ranking

ぽちっと応援よろしくね♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ゲスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。